公益財団法人 日本交通管理技術協会
 
型式認定審査
型式認定の概要
型式認定基準
   
   
原動機を用いる歩行補助車等

駆動補助機付自転車

原動機を用いる身体障害者用の車椅子

普通自転車

牽引用具

自転車用反射器材

停止表示板

停止表示灯

運転シミュレーター
 
   
 
 
 
 
 
 牽引用具
1.構成
牽引の用具(以下「牽引用具」という。)は、次に掲げる部分又はこれと同等の機能を有するものにより
構成されていること。

(1)  牽引バー:牽引用具の車台に組み付けられた、牽引する自動車に連絡するバーをいう。
(2)  連結装置:牽引用具を牽引する自動車に連結する装置をいう。
(3)  車台
(4)  回転台:車輪受けを設けて、旋回可能の状態で車台に組み付けられている架台をいう。
(5)  車輪受:回転台上に設けられた、牽引される自動車の車輪を受ける台をいう。
(6)  車輪固縛装置:牽引される自動車の車輪を、車輪受けに固縛する装置をいう。
(7)  車輪
(8)  安全装置:走行中、振動、衝撃等により牽引用具が牽引する自動車、又は牽引される自動車と分離
   しないようにするために設けられた装置をいう。
(9)  制動装置:牽引用具に設けられ、牽引する自動車の制動に伴って、牽引用具自体を制動する装置
   をいう。

2.大きさ及び構造
牽引用具は、使用状態において次のとおりであること。
(1)  大きさ
次の表のとおりであること。ただし、最大積載荷重(この基準に適合して安全な運行を確保できる範囲内において、牽引用具に牽引される自動車の前部又は後部を載せて加えることができるとされている荷重のうち最大のものをいう。以下同じ。)が2トン以上のものにあっては、別に定める。
1トン未満のもの 1トン以上1.5トン未満のもの 1.5トン以上2トン
未満のもの
自 重(kg) 200以下 300以下 400以下
全 長(cm) 280以下 300以下 400以下
全 幅(cm) 180以下 190以下 200以下
最低地上高さ(cm)                 10以上

※(注)最低地上高さとは、車輪以外の部分の地上からの最低の高さをいう。以下同じ。

(2)  構造
牽引する自動車に、容易に積卸しができるものであること。
連結装置は、牽引バーを牽引する自動車に確実に連結できるもので、連結方法は自在取付けであること。
回転台は、左右に円滑に旋回できること。
車輪受けは、牽引される自動車の車輪を受けるための十分なくぼみを有すること。
車輪固縛装置は、牽引される自動車の車輪を車輪受けに確実に固縛できること。
車輪は、2輪又は4輪式(ダブルタイヤ式のものを含む。)で、使用するタイヤは、幅の呼びが3.5以上 、リム径の呼びが5以上の空気入りゴムタイヤとし、安全な牽引を確保できるものであること。
安全装置は、走行中、振動、衝撃等により、牽引用具が牽引する自動車又は牽引される自動車と分離しないようにするのに適当なものであり、かつ、確実に装着できるものであること。
制動装置は、牽引する自動車の制動時、牽引される自動車の慣性力により作動するものであること。ただし、後退時には作動が防止できるものであること。

3.安全性・堅ろう性
牽引用具は、安定かつ堅ろうで運行に十分耐えるものであり、次の事項に適合するものであること。
(1)  空車状態において、左側及び右側にそれぞれ35度まで傾けた場合に転覆しないこと。
(2)  通常の走行状態において、著しい横振れがなく、牽引する自動車に円滑に追随できること。
(3)  各部分の取付が確実で、最大積載荷重に対し十分な強度を有すること。

4.連結機構の強度
連結装置、牽引バーと車台との取り付け部及び車輪固縛装置の強度は、次の事項に適合するものであること。
(1)  連結装置及び牽引バーと車台との取り付け部の強度は、次の表の荷重に耐える強度を有し、かつ、
   試験後安全に牽引できないような破損又は有害な永久変形を生じないこと。
荷重の方向 試  験  荷  重
左右 (最大積載荷重+牽引用具の自重)×0.5
前後 (最大積載荷重+牽引用具の自重)×1.5
上下 (最大積載荷重+牽引用具の自重)×0.5

(2)  車輪固縛装置の強度は、最大積載荷重の1.5倍の荷重に耐え、かつ、試験後安全に牽引できないよ
   うな破損又は有害な永久変形を生じないこと。

5.安全装置の強度
安全装置の強度は、次の事項に適合するものであること。
(1)  牽引する自動車と牽引用具に係わる安全装置(安全鎖等)の強度は、 最大積載荷重に牽引用具の
   自重を加えた重量の1.5倍の荷重に耐えるものであること。
(2)  牽引される自動車と牽引用具に係わる安全装置(補助チェーン、捲上ウインチのワイヤー等)の強度
   は最大積載荷重の1.5倍の荷重に耐えるものであること。

6.制動性能
通常の走行状態において、牽引する自動車が制動を行ったとき、慣性力を利用して、牽引用具を正常に停止させることができる性能を有すること。

7.表示事項
車台の見やすい位置に、容易に消えない方法で次の事項を表示すること。
(1)  製造業者名                  
(2)  製造年月日
(3)  型式名
(4)  最大積載荷重
(5)  全長
(6)  全幅
(7)  最低地上高さ
(8)  取扱い上の注意事項
空車走行の禁止
制限速度
タイヤの空気圧
使用前の点検方法
給油方式

 
 
copy right (c) JAPAN TRAFFIC MANAGEMENT TECHNOLOGY ASSOCIATION;All rights reserved
 

サイトマップ お問い合わせ