公益財団法人 日本交通管理技術協会
 
海外技術支援
海外技術支援TOP
海外活動
国内活動
委員会活動
   
 
 
 
 
 

海外技術支援の概要

海外技術支援の実施内容

 政府、関係機関、企業等からの協力・援助要請に応えるとともに、海外への交通管理技術の移転のための調査、提言、技術協力等についての協力・援助案件の組成に向けて取り組みを行っています。
 また、これらに関連してコンサルタント会社等へのアドバイスや海外からの研修団に対する講師等も務めています。

Topics
  • ウガンダ共和国カンパラ市交通流管理能力向上プロジェクト本邦研修を実施しました

     当協会は、JICA事業であるカンパラ市交通流管理能力向上プロジェクトに平成27年2月から技術協力を

    行ってきました。

     本プロジェクトでは、首都カンパラ市中心部の渋滞が激しい地区の交通渋滞と交通流の改善を促進させるた

    めの一方策である交通管制システム導入技術及び交通管理について技術支援を実施しています。

     今般、カンパラ市の交通技術者が同市に導入予定のシステムの習熟のためにJICA招へいにより来日(本邦

    研修)したのを機に、当協会への交通管制システムにおける信号機の集中制御の実務に関する講義依頼があ

    ったものです。

    ・日 時:平成30年5月21日午後

    ・対象者:カンパラ市計画技術局長、ウガンダ警察交通局長、カンパラ市計画技術局長代理等5名

    ・講義者:警視庁職員及び当協会職員

    ・講義状況:以下の写真

    ・来日期間中のその他の研修:日本の免許制度、交通管制機器のメーカーにおける実習

    2宮田IMGP2162.jpg

    警視庁職員による講義状況

    kanpara.jpg

    カンパラ市職員によるカンパラ市の現状説明

    2野田IMGP2156.jpg

    当協会職員による講義状況

    2全員贈呈式IMG_1760.jpg

    当協会の技術支援に対しカンパラ市より記念品受納

copy right (c) JAPAN TRAFFIC MANAGEMENT TECHNOLOGY ASSOCIATION;All rights reserved
 

サイトマップ お問い合わせ