公益財団法人 日本交通管理技術協会
自転車の安全
TSマーク
TSマークとは
   
  TSマークに関するQ&A
  リーフレット
  ポスター
自転車安全整備店検索
自転車安全整備制度
  自転車安全整備店とは
   登録申請書
   登録事項変更届
  ・点検更新お知らせ用
ハガキテンプレート
 (表面裏面
自転車安全整備士とは
   整備士之証再交付申請書
自転車安全整備
        技能検定
  受験案内
  テキストの購入
 (平成29年度の販売は
        終了しました。)
自転車通学安全モデル校
  新着情報
  指定基準、
     推薦手続きのご案内
  指定校一覧
全国自転車安全利用
モデル企業
TSマーク貼付に対する助成金交付制度等制定自治体
  自転車安全利用条例制定自治体
自転車の安全で
       正しい乗り方
   
 
 
 
 

全国自転車安全利用モデル企業を募集しています

募集要項・応募方法はこちらをご覧ください
いつでもご応募ください

全国自転車安全利用モデル企業の認定について
1 全国自転車安全利用モデル企業の認定の目的
自転車を業務または通勤で利用するにあたり、自転車の安全利用や自転車の交通事故防止を図るため、他の模範となる活動を行っている企業を「全国自転車安全利用モデル企業」(以下、「モデル企業」という。)に認定し、その活動を推奨するとともに、広く社会に紹介することにより、企業における自転車の安全利用や交通事故防止について一層推進する気運を醸成することを目的としている。

2 「全国自転車安全利用モデル企業」認定の基準
業務や通勤における自転車の利用に当たり、企業が主体となって、
      ○  自転車利用における安全指導・安全教育
      ○ 自転車の定期的な点検整備
      ○  自転車事故に対する保険の加入
      ○  自転車利用者に対する企業内の施設や環境の整備
等自転車の安全利用について、継続的・積極的、かつ、効果的な取り組みが顕著であり、 全国の模範となっている。

3 「全国自転車安全利用モデル企業」の選考方法
全国自転車安全利用モデル企業認定委員会設置・運営要綱に基づき
     〇 当協会が行う「自転車の利用にかかる企業行動調査アンケート」に参加した企業
     〇 当協会が独自に活動状況を把握した企業
     〇 自薦または他薦のあった企業
 の中から調査の上、全国自転車安全利用モデル企業認定委員会の審議を経て決定する。
候補選考   審  査   認  定

候補企業

選 考・調 査

矢印

モデル企業認定委員会

(審  議)

認定企業確定

矢印

認定企業公表

認定書及び楯の贈呈



4 その他
「全国自転車安全利用モデル企業」には、「認定書」、「楯」を贈呈する。

認定証 盾

平成29年度 自転車安全利用モデル企業

平成30年2月1日認定

社    名 所 在 地
 コニカミノルタ株式会社東京サイト 東京都 八王子市・日野市
 スズキ株式会社 静岡県 浜松市
 株式会社ノリタケカンパニーリミテド 愛知県 名古屋市
 パナソニック サイクルテック株式会社 大阪府 柏原市
 神東塗料株式会社 兵庫県 尼崎市

平成30年2月1日 モデル企業認定のお知らせ(PDF)

平成27年度 自転車安全利用モデル企業

平成29年2月1日認定

社    名 所 在 地

 ホンダグループ
  本田技研工業株式会社
  株式会社本田技術研究所
  ホンダエンジニアリング株式会社
  株式会社ホンダ・レーシング
  学校法人ホンダ学園
  株式会社ホンダアクセス

東京都 港区 他
 フォスター電機株式会社 東京都 昭島市
 株式会社エディオン 大阪府 大阪市

平成29年2月1日 モデル企業認定のお知らせ(PDF)

ホンダグループ
本田技研工業株式会社
株式会社本田技術研究所
ホンダエンジニアリング株式会社
株式会社ホンダ・レーシング
学校法人ホンダ学園
株式会社ホンダアクセス
ホンダグループ

(東京都港区他)

http://www.honda.co.jp/

 主に以下の取り組みについて優れていると評価いたしました。

@ 本社、事業所ごとに交通安全教育責任者を指定しており、社内の交通安全責任者、社外講師等により、計画的に交通安全教育を行っています。

A 自転車通勤者には、年1回以上の定期的な点検整備を義務付け、社内の交通安全管理規定で自転車の保険加入を推奨しています。

B 自転車通勤者に、専用の駐輪スペース及びシャワー設備を設置しています。

フォスター電機株式会社
フォスター電機株式会社

(東京都昭島市)

http://www.foster.co.jp/

 主に以下の取り組みについて優れていると評価いたしました。

@ 総務・庶務部門に、安全運転管理者を指定し、計画的に集合教育に取り組んでいます。

A 自転車通勤は、許可制にしており、保険加入を義務付けています。また、業務用の自転車、外国人研修生に貸し出している自転車は、すべて賠償責任を含む団体保険に加入し、毎年更新しています。

B 自転車通勤者に、専用の駐輪スペース及びシャワー設備を設置しています。

株式会社エディオン
株式会社エディオン

(大阪府大阪市)

http://www.edion.co.jp/

 主に以下の取り組みについて優れていると評価いたしました。

@ 本社では総務人事部に、各部署では総務・庶務部門に、交通安全教育責任者を指定しています。

A 自転車通勤者は届け出制としており、距離に応じた通勤手当を支給し、自転車通勤者が有料駐輪場を使用する場合の補助をしています。

B 自転車通勤者には、任意保険の加入を推奨しており、業務用自転車はすべて保険に加入しています。

平成27年度 自転車安全利用モデル企業

今回は、「自転車の利用に係る企業行動調査アンケート」に参加していただいた企業の中から3社を平成28年2月1日付で認定しました。

社    名 所 在 地
 株式会社神戸製鋼所 兵庫県神戸市
 富士機工株式会社 静岡県湖西市
 クックパッド株式会社 東京都渋谷区
株式会社神戸製鋼所
株式会社神戸製鋼所

(兵庫県神戸市)

http://www.kobelco.co.jp/

 主に以下2点の取り組みについて優れていると評価いたしました。

@事業所単位に交通安全教育担当者をおいて事業所内での教育の充実を図りつつ、会社レベルではe-ラーニング等を活用して交通ルール遵守意識の高揚を進めている。

A自転車通勤については賠償額1億円以上の損害賠償保険の加入を必須とした許可制を全社ルールとしている。

富士機工株式会社
富士機工株式会社

(静岡県湖西市)

(富士機工のホームページがございますので、ご興味のある方はご覧下さい。)

各部署単位に交通安全教育責任者を指定するとともに、一般社員の自転車通勤は届け出制とし、外国人研修生は、全員任意保険に加入した上で、会社がリース、点検整備を行った自転車で通勤している点等を優れていると評価しました。

クックパッド株式会社
クックパッド株式会社

(東京都渋谷区)

https://info.cookpad.com/

社内で交通安全の集合教育を行うとともに、社員の自転車通勤は、賠償額5000万円以上の保険加入を義務付け、定期的な点検整備、反射材活用を奨励し、さらに、駐輪場を借り上げ、通勤者用シャワー室を設置している点等を優れていると評価しました。


  月刊交通 東京法令出版 (株)発行「月刊交通」
2016年5月号に3社のことが掲載されました。
 

サイトマップ お問い合わせ