公益財団法人 日本交通管理技術協会
自転車の安全
TSマーク
TSマークとは
   
  TSマークに関するQ&A
  リーフレット
  ポスター
自転車安全整備店検索
自転車安全整備制度
  自転車安全整備店とは
   登録申請書
   登録事項変更届
自転車安全整備士とは
   整備士之証再交付申請書
自転車安全整備
        技能検定
  受験案内
自転車通学安全モデル校
  新着情報
  指定基準、
     推薦手続きのご案内
  指定校一覧
全国自転車安全利用モデル企業
TSマーク貼付に対する助成金交付制度等制定自治体
  自転車安全利用条例制定自治体
自転車の安全で
       正しい乗り方
   
 
 
 
 
立命館大学びわこ・くさつキャンパス
 指定日  平成28年6月1日
 
 (所在地)
 〒525-8577
 滋賀県草津市野路東1-1-1
 (電  話) 077-561-2617
 立命館大学のホームページはこちら

びわこ・くさつキャンパス(以下、BKC)は学生の3割近くにあたる約4000名が自転車通学をしています。教職員も含め、自転車に乗車する者自身の安全を守ることはもちろん、キャンパス周辺地域の生活環境を守るという地域構成員としての責任を果たすためにも、以下の取組みを実施しています。

1. 自転車登録の義務化
本学では法律にも基づき、自転車通学者には以下5点を義務付けています。
 ・自転車防犯登録への加入
 ・賠償責任保険(賠償限度額1億円以上)への加入
 ・前照灯の設置
 ・鍵の設置(防犯対策)
 ・「自転車登録ガイダンス」の受講…登録の事務的手続きだけでなく、警察署等と連携をとり交
 通ルール・マナーを遵守し、安全運転するよう啓発する講習を実施しています。

また、登録自転車には「自転車通学登録シール」の貼付を義務づけており、登録番号によって学生の管理をしています。

<自転車通学登録シール>

2. 新入生への啓発
入学時に「びわこ・くさつキャンパス通学交通マニュアル」を全員に配布し、自転車を含めバイクやバスでの乗車マナーについても指導しています。

3. 地域と協働した取組み
@交通安全キャンペーン
草津警察署や草津市役所、草津・栗東交通安全協会等にご協力いただき、毎年前期・後期のそれぞれ3日間実施しています。BKCから最寄駅であるJR南草津駅周辺へかけて、スピードの出しすぎやヘッドホンを装着しての走行、無灯火運転等の注意喚起を行うほか、生協学生委員会の協力のもと自転車の無料点検も行っています。BKC近隣には企業や小中学校、高等学校もあり、自転車に限らず通行量が多くなっているため、交通ルールを遵守するよう職員だけでなく様々な団体の学生も参加し啓発をしています。

<交通安全キャンペーンの様子>

A玉川地区交通・安全対策協議会
2010年度より、玉川地区交通・安全対策協議会の事務局をBKC地域連携課が担っています。本協議会は、2009年度まで実施していた「くらしのみちゾーンプロジェクト」の基本理念を継承した組織で、玉川地区内の学校、町内会、警察署や行政組織、企業等による委員で構成され、玉川地区の交通対策案の検討等を行っています。
 
また、交通状況や道路環境の改善について、滋賀県や草津市を始めとする行政機関等とも定期的に協議し、連携をはかっています。

・「大学時報」2015年3月号に本学の取組みが掲載されました。

 平成28年6月3日(金)贈呈式が行われました。
立命館大学 指定書贈呈式掲載ページ 
http://www.ritsumei.ac.jp/news/detail/?id=283
「交通安全教育」2017年4月号((一財)日本交通安全教育普及協会発行)に、立命館大学びわこ・くさつキャンパスの取組みの紹介記事が掲載されました。
 
「自転車通学安全モデル校」指定校一覧はこちら
 

サイトマップ お問い合わせ