公益財団法人 日本交通管理技術協会
 
海外技術支援
海外技術支援TOP
海外活動
 
モンゴル
(平成31年〜)
 
インド
(平成28年)
 
ウガンダ
(平成27年~)
 
バングラデシュ
(平成26年~)
 
ベトナム
(平成19年~平成23年)
 
カンボジア
(平成19年~平成21年)
国内活動
委員会活動
   
 
 
 
 
 

モンゴル国ウランバートル市大気汚染対策能力向上
プロジェクト・フェーズ3に対する技術協力

主要路線の交通整理 信号交差点における警察官の手信号整理の様子。 市役所でのヒアリング 市内の交通状況について、交通計画調整エンジニアリング局長から。 カウンターパートとの検討状況 信号調整の試験実施のための秒数設定について、交通管制センターの技術者と。 ▼ 主要幹線が交差する「東交差点」の交通状況(左斜上方向が都心部)


モンゴル国ウランバートル市大気汚染対策能力向上プロジェクト・フェーズ3

 東アジア、モンゴル国の首都ウランバートル市では低質炭の使用による大量の煤煙の排出等を原因とする大気汚染が恒常化し、暖房需要の高まる冬期は特に汚染状況は深刻である。加えて道路粉塵の飛散や自動車排出ガス等により大気汚染のさらなる悪化が懸念されている。
 本プロジェクトはJICAから(株)数理計画が受託し、当協会は平成31年から数理計画とともに信号調整による交通の円滑化により自動車排出ガスの抑制に関する現地調査等を実施している。

copy right (c) JAPAN TRAFFIC MANAGEMENT TECHNOLOGY ASSOCIATION;All rights reserved
 

サイトマップ お問い合わせ